MENU

産み分けは一般的になりつつある?

「どうしても、次は女の子がほしい!」

 

そういう風に思ったこと、お母さんなら誰しも一度はあるんじゃないでしょうか?

もちろん「男の子が欲しい!」という方もいらっしゃいますよね。

 

「赤ちゃんの性別は食事で決まる」という考えもありますが、迷信の域を出ません。
>産み分けは食べ物で決まる?

 

生まれてくる性別がどのように決まるかは、科学的に解明されています。

 

そして、妊娠するとき、性別を神頼みだけでなく、科学的で安全な方法により産み分ける方法は確立しつつあるんです。
一人目は自然に任せても、二人目以降では男の子、女の子を産み分けたいという要望は多く、
今では”産み分け”はかなり一般的になっていて、産み分けジェルや産み分けゼリーと呼ばれる商品が発売されています。

 

中でも日本製のベイビーサポートやハローベビーゼリーは安全性も高く、人気なんですよ。

 

実際に産み分けゼリーを使ってみて、見事かわいい女の子が生まれた私なりに、
使用感などのレビューをお伝えしたいと思います。

 

 

産み分けのしくみ

生まれてくる赤ちゃんが、女の子になるか男の子になるかは、受精の瞬間に決定しています。
男性が一度に射精する精子は数億と言われていますが、すべてのX精子かY精子の2種類に分けられ、

 

X精子⇒女の子
Y精子⇒男の子

 

となり、どちらかの精子が卵子にたどり着くかで、性別が決定するわけです。
産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,
ところで、この2つの精子はそれぞれ異なる特徴を持っています。
それは、

 

X精子⇒酸性に強く、アルカリ性に弱い。
Y精子⇒アルカリ性に強く、酸性に強い。

 

ということが、科学的にわかっています。

 

ちなみに、女性の膣内は通常、雑菌を寄せ付けないために、弱酸性となっています。
ところが、排卵日が近づくに連れてアルカリ性になっていくのです。
これは精子を酸で殺してしまわないようにするためです。

 

この原理がわかっていれば、

 

男のが欲しければ、膣内をアルカリ性に
女の子が欲しければ、膣内を酸性に

 

保つことで、希望する性別の赤ちゃんを妊娠する可能性が高くなるということが、ご理解いただけると思います。
事実、産み分けゼリーで膣内のph値をコントロールすることで、産み分けに成功した例は数多くあり、現在では一般的とも言えるレベルになっています。

 

産み分け成功の確率は?

実際、産み分けゼリーを使用するにあたって、成功の確率はみなさん気になるところだと思います。

 

これまでに何組もの夫婦に産み分けサポートを行ってきた有名な産婦人科医の池川明博士によると、

 

産み分け成功の確率は、、

 

女の子を希望する場合で70〜80%

 

男の子を希望する場合で80〜90%

 

だそうです。
後述するように、男の子を希望する場合のほうが、そもそも妊娠する確率も上がるため確率が高くなります。
ただし、女の子希望の場合も正しく行えば7割以上の成功率は出ているようです。

 

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,
ただし、ひとつだけ、絶対に守ってもらいたいことがあります。
それは、この産み分け方法も、100%確実ではないということを理解してもらうこと。

 

そして、たとえ生まれてきた赤ちゃんが希望する性別で無かったとしても、変わらずに愛してあげて欲しいということです。

 

これを約束出来ない方には、産み分けはオススメできません。
変に期待するよりも、自然に任せるほうがご自身も赤ちゃんも幸せになれると思います。

 

産み分けゼリーの選び方

産み分けゼリーを選ぶにあたっては、以下のようなポイントに注目してみましょう。

 

・国産であること。
膣内に挿入するゼリーですから、安全第一です。中国産はちょっと考えられませんよね。

 

・使い切りタイプであること。
衛生面を考えると、個別包装で一回使い切りのものが良いでしょう。
以前はシリンジタイプで、一回ごとに吸い上げて使うものがありましたが、衛生的には不安です。
また、注射器で吸い上げるタイプは、一回ごとに湯煎してゼリーを溶かさなければならないなど、手間もかかります。

 

・天然素材であること。
これもやはり衛生面や安全面を考慮してのことです。
産み分けゼリーを使用することで、卵子や精子への悪影響があったという報告はありませんが、やはり天然素材のほうが安心ですよね。

 

・内容量が少なすぎないこと。
膣内に行き渡って酸性度を変化させるために、十分な量が配合されているかを確認しましょう。
一般的には、一度の使用で4.5〜5ml程度が最適とされています。

 

これらを踏まえた上で、希望する性別の赤ちゃんを産める可能性を高めたいのならば、
オススメしたい産み分けゼリーは、ベイビーサポートです。
聞いたことあるでしょうか?
最近は、ママ結構雑誌などでも取り上げられているようです。

 

口コミ一番人気!【ベイビーサポート】

▼▼▼CLICK▼▼▼

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

スピーディーな結果で選ばれる【ベイビーサポート】

 

ベイビーサポートは、安心・安全に徹底的にこだわりぬいた産み分けゼリーです。

 

100%天然成分のゼリーはもちろん容器、袋、外箱まですべて日本製。
産み分けの成功をサポートするために「精子活動最適成分」を含有し、1本の内容量が日本人に最も最適といわれる量4.5mlとなっています。

 

製造工場は、クラス10,000以下のクリーンルームに最新鋭の成形機を設備。

 

この数値は空気中に含まれる浮遊物の値になっており、一般的には医療業界向け製品の衛生環境下で、
病院の手術室での基準値になるほどの清潔な空間となります。

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

 

研究、開発からし品質テストに至るまで全て国内で行い、厳しい基準をクリアした安心、安全第一の製品です。

 

産み分けゼリーの副作用や障害のリスクについて

産み分けゼリーを使用するにあたって、副作用や障害の危険性について気にされる方も多いと思います。

 

「胎児に障害がでる」
「産み分けゼリーを使うと妊娠しにくくなる」

 

といった情報もネット上ではちらほら見られます。
しかし、ベイビーサポートは100%天然成分で、容器も安全性の高い日本国内の工場で製造されたものを使用しています。

 

膣内のpH調整には、クエン酸やアルギニンなどもともと体内に豊富に存在する成分を使用しており、これらが悪影響を及ぼすとは考えられません。

 

実際、産み分けゼリーが原因で胎児に障害が見られたという報告は現時点でないのです。

 

安全な国産品を用法を守って使用する限り、産み分けゼリーでの障害のリスクは、極めて低いと言って良いでしょう。

 

また、「産み分けゼリーを使うと妊娠しにくくなる。」については、医学的根拠が全くありません。

 

後述するように、むしろ妊娠する可能性は高くなる場合もあります。
確かに、男の子を生みたい場合はX精子(女の子)を、
女の子を生みたい場合はY精子(男の子)を活動しにくくするので、その精子たちは受精する可能性が低くなります。

 

しかし、反対に希望する性別の精子は活動しやすい環境になるのですから、妊娠する可能性は高くなるはずです。
従って、産み分けゼリーを使用することでの副作用や安全リスクは少なく、用法用量を守った上で安心して使うことが出来そうです。

 

>産み分けゼリーの成分と安全性について詳しくはコチラのページへ

 

ベイビーサポートは口コミでも高評価

W様 36歳「スムーズでした。」

 

いくつか種類があるみたいですが、全部国内で作っていることと使い切りタイプなのがいいなと思いました。
個人的な感想ですが持ちやすいというか、使いやすかったです。
最初使うときかなりドキドキしましたけど、違和感なく使えました。

 

O様 29歳「夫婦で満足しています。」

 

いろいろとインターネットを使って検討しておりました。
似たような商品はいくつか見ていたのですが、その中で、準備が簡単そうなこの商品を選びました。
パッケージも優しい雰囲気で、成分も国産の天然成分という事が大変安心して使えました。 結果として夫婦で満足のいく内容になったので大変良かったです。

 

W様 36歳「国産でこの価格は良いです。」

 

使い切りで国産なのに、まとめ買い割引などのサービスを利用すればよりお買い得だったのでとても良かったです。
私たち夫婦は、じっくり始めたい事もあり2セットコースを購入しました。
おかげで満足な結果を得られました。ありがとうございます。

 

ベイビーサポートの公式サイトはコチラです♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

スピーディーな結果で選ばれる【ベイビーサポート】

 

産み分けゼリーの使用方法

ゼリーを使っての産み分けを成功させるには、いくつかのポイントがあります。
考えてみれば当たり前のことかも知れませんが、まとめてみましょう。

 

まずは体調管理をして、基礎体温をしっかりつけ、正確な排卵日を把握する。

これが出来ないと始まりません。妊娠するには排卵日周辺でなければならないからです。

 

産み分けをすると決めたら、チャレンジ日以外は避妊する

これも当たり前ですね。ゼリーを使用する日以外はしっかりと避妊しましょう。

 

ベイビーサポートの使い方

ベイビーサポートの使い方は簡単です。

 

1本1本梱包されているので、まず袋から取り出します。
産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,
そして、先端にキャップがついていますので、取り外して、
容器の半分程度を膣内に挿入し、ピストンを押しベイビーサポートを注入します。

 

注入するタイミングは挿入の直前です。
ベイビーサポートは、膣内で挿入をスムーズにするための潤滑ゼリーの役割もありますので、なるべく直前に使って下さい。
射精後に使用しても効果はありませんのでご注意を。

 

ボーイは排卵日当日、ガールは排卵日2日前がチャレンジ日

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

ベイビーサポートボーイとガールの成功率をより上げるためには、希望する性別によって使用すべき日が違うことに注意して下さい。

 

この方法は、自分の排卵日を正確に把握していることが大前提ですので、まずは普段から体調管理に気をつけて基礎体温をチェックし、
生理周期が規則正しくなるように気をつけましょう。
そして、当たり前ですがベイビーサポートを使用すると決めたら、チャレンジ日以外は避妊してください。

 

ベイビーサポートボーイは排卵日当日

男の子を希望してベイビーサポートボーイを使用する場合は、排卵日当日がチャレンジ日です。
前述のように、女性の膣内は普段は弱酸性ですが、排卵日に合わせてアルカリ性の粘液が多く分泌されます。

 

本来、Y精子はX精子より数が多い上に運動能力が高いのですが、膣内の酸にやられてしまうので、結局妊娠する確率は50:50になっていると言われています。
そこで、最も酸性値が低い排卵日当日に、膣内をアルカリ性にするベイビーサポートボーイを使用することで、酸性値をさらに下げて、Y精子を応援します。

 

膣内が酸性でなければ、数が多く運動能力が高いY精子が断然有利になるので、男の子を妊娠する確率が高くなるのです。

 

この方法は、「男女どちらでも良いからとにかく子供がほしい」という場合にも有効です。
そもそもの妊娠する確率を高められる手法です。

 

ベイビーサポートガールは排卵日2日前

女の子を希望してベイビーサポートガールを使用する場合は、排卵日の2日前がチャレンジです。

 

膣内の酸性値が下がる排卵日当日では不利になるため、まだアルカリ性粘液の分泌が少ない2日前に
ベイビーサポートガールで酸性値を高めることで、Y精子の進入を防ぎます。
X精子はY精子より寿命が長いため、排卵日2日前でも妊娠する可能性は十分にあります。

 

万が一排卵日がずれていた場合でも、前倒しなら排卵日1日前でまだ酸性。
後ろ倒しなら、排卵日3日前なので酸性です。
3日前の場合は妊娠する確率が低くなりますが、その場合は翌月に再チャレンジが可能です。

 

産み分けゼリーの失敗談

ハローベビーガールの失敗談

私の知り合いの実例で、ハローベビーガールを使用しても女子を授かれなかった方の事例を紹介します。

 

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

“失敗”と言つてしまうとと赤ちゃんに申し訳ないんですが、私は失敗しました(´・ω・`)

 

今、2人目妊娠中で27週なのですが、一人目が男のだったこともあり夫も長男も、そして私も女の子を希望でした。

 

イギリスに住んでいたときは産み分けはかなり一般的で、ピンクゼリーやグリーンゼリーという商品が普及していました。
日本ではピンクゼリーよりも国産の安全第一な製品が良いと考えていて、ハローベビーガールに出会いました。

 

ハローベビーガールも使い、妊娠が分かった時には女の子以外あり得ないと確信していたのですが…
19週、23週の妊婦検診では男の子のアレが見え、先生にもおそらく男の子だねと。。
何かの間違いじゃないかと思って固まってしまいました笑

 

ただ、もちろん男のでも愛情を持って育てるつもりですし、
最近の夫との会話では、これだけゼリーで妨害(?)したにもかかわらず、それでも受精するなんて、
それはそれはたくましい男の子になるだろうと楽しみにしています(^o^)

 

この方の場合は、ハローベビーガールを使用したは良いもの、使用するタイミングまでは細かく考えていなかったようです。
女子を授かりたい場合、男の子の場合よりもシビアなタイミング調整が必要で、

 

排卵日の2日前

 

というのが、ベストなタイミングです。

 

イギリスの話が出てきましたが、イギリスでは産み分けゼリーは普及しているものの、
タイミングの調整まではあまりしない人が多いらしく、この場合の成功率は6割程度になるそうです。

 

ゼリー+タイミング指導をする日本では成功率が7割〜8割と言われています。

 

病院で産み分けをする場合の費用など

男の子、女の子の産み分けを希望する際に、病院での指導を受ける方も増えています。

 

”病院で産み分け”と言っても、特別な方法があるわけではなく、
方法は産み分けゼリーやリンカルを使った膣内のpH調整によるものです。

 

リンカルとは、リン酸カルシウムの事で体内をアルカリ性に傾ける効果があります。
男の子を希望する場合は、2ヶ月前から女性がリンカルを摂取することで、
膣内をアルカリ性に傾け、Y精子を受精する可能性がさらに高くなります。
女の子を希望する場合は、リンカルは必要ありません。

 

現在はリンカルも産み分けゼリーもネット通販で購入できるので、
病院で指導を受ける一番のメリットは、排卵日を正確に調べられることです。

 

基礎体温表によるチェックだけでなく、尿検査、ホルモン検査などを定期的に行うことで、
自身の排卵日をより正確に特定することが出来ます。

 

生理周期が順調な方なら問題ありませんが、バラつきがある方などが排卵日を正確に特定することは難しく、
特に女の子を希望する場合の”排卵日2日前”というのは、さらに難しくなります。

 

ですので、ご自身の判断に自信が持てない場合は、お近くの産婦人科に相談した方が良いでしょう。

 

病院で産み分け指導を受ける際の費用

産み分けは自由診療になるので、保険適用外となります。
排卵日の検査などをした場合の費用の例は以下の通りです。

 

初診料・・・約10,000円
ホルモン血液検査・・・約2,000円
頚管粘液検査・・・約1,000円
円超音波検・・・約2,000円
モン尿検査・・・・約1,000円
リンカル(1か月分)・・・・約3,500円
産み分けゼリー(4回分)・・・・約10,800円

 

初診料は最初だけですし、一度の診察で全ての検査をする必要はありません。
また、一回目のチャレンジで成功する人もいれば、何度もチャレンジする方もいるので、かかる費用はまちまちですね。

 

ちなみに、病院で処方されるゼリーの相場から4回分10800円としましたが、
ベイビーサポートは7回分で13,800円(まとめ買いすれば更に安くなります)なので、費用も抑えられますね。
ベイビーサポートの場合は、妊娠が確定した段階で、余ったゼリーを一本単位で買い取ってくれるサービスもあるので、病院で処方してもらうよりオススメです。

 

産み分けゼリーは安心の日本製を!
>>とことん追求した日本製【ベイビーサポート】

 

日本製産み分けゼリーの「ハローベビーゼリー」もオススメ

 

産み分けは日本よりも、海外で先に一般化してきたので、これまで産み分けに使用されるのは海外製の製品がほとんどでした。
使用される製品とは、つまり膣内のph値をコントロールする、いわゆる潤滑ゼリーと呼ばれるものです。
女の子を希望する場合は酸性に、男の子を希望する場合はアルカリ性に、膣内のph値を調整するわけですね。
有名なものではピンクゼリーという商品がありますね。

 

このピンクゼリーは中国製で、シリンジと呼ばれる注射器のようなもので、湯煎して溶かしたゼリーを吸い上げ、膣に注入するという方法が取られています。

 

コレに対して、ハローベビーゼリーは100%日本製のはじめての潤滑ゼリーです。

 

ゼリーはシリンジタイプではなく、個別包装の一回使いきりタイプとなっているので、シリンジ吸い上げよりも遥かに衛生的です。
1パックで7回分入っているので、約4回で使い切ってしまうピンクゼリーよりもコストパフォーマンスは高くなっています。

 

 

また、ハローベビーゼリーには、ベイビーサポートで防腐剤として使用されてるメチルパラベンも配合していないというポイントがあります。

 

あと、これは非常に個人的な偏見かも知れませんが、妊娠という非常に重大な事柄で、中国製ってあまり使いたくないという気持ちがありました。
その点でも、共感する方はハローベビーゼリーがオススメできると思います。

 

ハローベビーゼリーの使用感

 

体に悪いものではないので、たくさん入れても問題はないそうですが、私たちはもったいないので、一回一本でした。

 

結果、2回め(2ヶ月目)のチャレンジで、見事待望の女の子を妊娠することができましたー(^O^)

 

なお、産み分けでだけでなく、そもそも妊娠しやすくなる効果もあるそうです。
不妊でお悩みの方にも、治療の一環として使ってみる価値はあるかもしれません
もちろん、お医者様と相談してくださいね。

 

確実、安全に妊娠するために。葉酸を摂りましょう

葉酸は、平成14年から日本でも母子手帳に摂取の推奨が記載されるようになりましたが、
アメリカなどではすでに、妊娠が可能なすべての女性に1日400μgの摂取が推奨されています。
特に、妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害などの先天性障害のリスクを軽減する効果が認められています。
厚生労働省では、妊娠を希望する方、妊活中、妊娠中、二人目を希望する方まで、どの段階でも葉酸の摂取を推奨しています。
葉酸は長期保存や加熱で消滅しやすく、普段の食事での摂取が難しいため、厚労省でもサプリメントの利用を推奨しています。
おすすめの葉酸サプリは、【ベルタ葉酸サプリ】
です。
大手通販サイトでも軒並み人気商品にランクインしており、実績のある会社なので安心です。
妊娠を助けるサプリの定番である葉酸、マカ、亜鉛、ヘム鉄などに加え、
ザクロエキス、ビタミンC、ビタミンEも配合して、美容もケアしてくれるのが女性に嬉しいポイントです。
詳しくは、ベルタ葉酸サプリの公式サイトを御覧ください♪
>>ベルタ葉酸サプリ公式サイト<<

 

 

ハローベビーゼリーの公式サイトはコチラになります♪

 

新しい笑顔を届けたい。妊活カップルのクチコミから生まれた【ハローベビーゼリー】

 

基礎体温の測り方と役立つアプリ

女性の体は生理周期の中で、低温期から高温期までを駆け巡り、また戻ってくるというサイクルをこなしています。
その間にはホルモンが変化し、妊娠に備えているのです。

 

基礎体温計を使って、しっかりと自分の体調の変化をチェックしましょう。

 

基礎体温とは、生理周期における体温の変化のことを言います。
基礎体温は毎朝布団の中で体を動かす前に口中にて、普通の体温計に比べて目盛りの細かい基礎体温計を舌の下に置いて測ります。
これを少なくとも3周期ほど続けて、折れ線グラフにして基礎体温表を作ります。
これは、いつか婦人科を受診する際にとても必要な材料となりますし、自身の体の変化や具合を把握しておくことはとても重要なことです。

 

基礎体温の管理に役立つアプリ

コウノトリ

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,
コウノトリは、妊娠を望むカップルを応援する妊活アプリです。
妊娠しやすい日や 排卵日は女性側が管理・把握していることが多い中、
そういった日を男性側に伝えにくい、よってその日にタイミングをとりにくいという問題があります。

 

コウノトリアプリは排卵日 & 妊娠 可能日をカップルに同時につたえることでこの問題解決をお手伝いします。?
* 入力された生理日をもとに、オギノ式排卵日計算により、 排卵日 & 妊娠の可能 性がある日を自動算出し予測表示します。
* 排卵日 & 妊娠の可能性がある日をコウノトリ アプリがカップルにプッシュでお知らせします。
* 予測した排卵日から産み分け目安日を表示します。
* 基礎体温管理機能を搭載。体温記入で基礎体温・グラフを自動作成します。
* 基礎体温から予測したより正確な妊娠タイミングを優先通知としてパートナーに伝えることができます。
* 2人だけをつなぐ「帰るよ」&「待ってる」のワンタップメッセージ機能で大切な日のコミュニケーションをサポートします。
*カレンダーへの入力で簡単に生理日を管理することができます。

 

カップルの子づくりのタイミング合わせを強力にサポートする大人気妊活アプリです。

 

>iTunes

 

>Google Play

 

>その他のおすすめアプリはこちら